私たちの手でヴォーリズ六甲山荘を育てましょう ! 

ナショナル・トラスト研究奨励賞

直前のページに戻る

  ナショナル・トラスト研究奨励賞は日本のナショナル・トラストの研究者を育成し、この運動を定着させるために、優れた研究を顕彰する奨励制度です。
  奨励賞の第1回受賞者は、ハナ・イスタムさんに決まりました。論文の題は “Crossing borders: a perspective on internationalisation for the National Trust movement”(国境を越えて:ナショナル・トラスト運動の国際化についての考察)です。2017年5月20日の定期総会で表彰されました。

論文を読む(pdfファイル)⇒ オリジナル(英語)  日本語訳

奨励賞選定の経過          理事長 清水 彬久

  ハナさんとの出会いは、2012年に遡ります。英国から英語教師として派遣された彼女は、英国ナショナル・トラストの紹介でアメニティ2000協会を知り、ヴォーリズ六甲山荘を訪問してくれました。
  その後、帰英して母校ケンブリッジ大学院で文化遺産をテーマに研鑽し、再度来日して日本文化及び国際交流の研究を続けながら、当協会会員としても活躍しています。2015年の国際ナショナル・トラスト機構(INTO)世界大会では、日本代表として「ナショナル・トラスト運動における国際交流」について発表し、海外の団体との連携にも意欲的に関わっているところです。
  この論文は、そうしたキャリアの中からナショナル・トラスト運動の国際化の必要性を説いた示唆に富む活きた内容となっています。私たちの活動が、ただ単なる保存運動に留まるのではなく国際的な視野をもったネットワーク化と人材育成にも貢献していくべきという提言は、真摯に検討していきたい課題といえます。


ハナ・イスタムさん 受賞者プロフィール
氏名 ハナ・イスタム Hannah Eastham
出身 イギリスのプレストンPreston
学歴 ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジにて文化遺産と博物学で
    MPhil(Advanced Research Master)を取得
現在活動
  2016年4月から、文部科学省の奨学金生として、大阪民族博物館の総合研究大学院大学・文化科学研究所およびケンブリッジ大学考古学・人類博物館で博物学研究活動をしている。
  研究は明治時代に日本を訪ねたイギリス人の写真集及び写真の当該資料に関する「イギリスから日本へ・未知の明治時代写真から日本を探る」と言うプロジェクトです。

アメニティ2000協会のトップページへ  直前のページに戻る



ロゴマーク

認定特定非営利活動法人 アメニティ2000 協会
事務局 〒662-0833 西宮市北昭和町3-20  清水
TEL & FAX 0798-65-4303 携帯 080-3138-4164
Email soshisha@f6.dion.ne.jp
URL http://amenity2000.la.coocan.jp/



Adobe Reader ダウンロード

  論文はPDFファイルを使用しています。 PDFファイルを見るには Adobe Acrobat Reader のインストールが必要です(無料)。右のボタンをクリックして、表示されたサイトから最新版をダウンロードし、インストールしてください。



K.O.