ホーム 戻る
英国ナショナル・トラストのプロパティ(資産)
先史、ローマ時代の遺跡 修道院 村全体 カントリーハウス 古城
庭園 有名人の館 海岸線 邸宅 その他
 先史、ローマ時代の遺跡 



エイヴベリー
Avebury
(南西部・Wiltshire州)

紀元前3500年頃から2000年頃にかけて新石器時代の人々が構築した石造物を取り込んだ村である。サラセン石による円環は周囲およそ1.6キロ、村のあちこちにシュールな彫刻のように立っている。
円環の一部には高い堤(かつては15メートルの高さがあったと推測されている)が築かれている。動物の骨や角の工具しか無かった当時これだけの作業には何万時間とかかったに違いない。
ストーンヘンジとは違い、エイヴベリーの石には細工が施されていない。当初は一番大きい円環上には98個の石が建てられ、最も大きいものは高さ6メートルを越していたと思われる。
時代を経るにつれて多くの石が倒され、埋められ、あるいは砕かれて村の建築に使われたりした。1930年代にアマチュア考古学者のアレキサンダー・キーラーが残っていた石を立て直し、現在では約30個の石を見ることができる。(2002年訪問)

ホーム 戻る