表紙

ヴォーリズ六甲山荘について

直前のページ

 新しいプロパティーを購入しました(2018年6月) 

公開案内 pdfファイル ← クリックして下さい。新しいページで表示します

  ヴォーリズ六甲山荘は 1934(昭和9)年にヴォーリズ建築事務所の設計により個人の別荘として建てられました。
  建築当時の状態が保たれており、ヴォーリズ様式の特色がそのまま残されています。 保存状況も良好であり、ヴォーリズ建築のなかでも建築的価値・希少性の高い建物です。
  このヴォーリズ六甲山荘は、国登録有形文化財、近代化産業遺産、兵庫の近代住宅100選に登録/選定されています。
  アメニティ2000協会は、このヴォーリズ六甲山荘をナショナルトラストの第1号として2008年3月に購入し、保存と活用を目指して活動してきました。
  2018年に六甲山荘購入10周年を迎えました。
  これを機に、周辺の土地を取得しました。今は草が茂っていますが、上手に整備し遊歩道を通し整え、「文化財と自然・遺跡の共生」を実現するプロパティに育て上げたいと計画を立てています。

賜物の発見 ナショナル トラストの目指すもの

ヴォーリズ六甲山荘のあらまし
所在地  :神戸市灘区六甲山町
建物面積 :263.99㎡ 敷地面積 :5824.83㎡
構 造  :木造平家建
      (ラウンジ、食堂、洋室4、和室1、
       厨房ほか) 建築年  :1934年
設計者  :ヴォーリズ建築事務所
      図面集
 関連記事
ヴォーリズ建築保存へ 市民募金で六甲山荘を購入 神戸新聞2008年3月
「神戸洋館マダム」名建築、買い取り保存 朝日新聞(2007年9月)
阪神館の伝統建築危機 神戸新聞(2007年7月)
ヴォーリズ設計1934年建築公開 朝日新聞(2007年4月)
このまちのヴォーリズ建築は今 日本ナショナルトラストマガジン(2007年1月)
ミノル・ヤマダのザ・ナショナル・トラストレポート N.T.E. ジャパン・クラブ(2006年12月)
六甲の近代遺産守り抜く 日経新聞(NIKKEI NET KANSAI 2006年5月)
ヴォーリズ建築「六甲山荘」、NPO買い取り再生へ 読売新聞(YOMIURI ONLINE 2005年7月)
募金のお願い
  当協会は創立20周年の2020年を目標に、古くなった屋根を文化財にふさわしく全面葺き替える等の修復工事を計画しています。
  本事業は多大の費用を要しますので、ナショナル・トラスト方式で、皆様のご寄付によるヴォーリズ六甲山荘の再生を願っています。 ⇒  募金について

表紙  直前のページ